2017/01/08 19:03

手が届く価格になった3Dプリンター

こんにちは松風です。今回は実際に3COINS3Dのデータを使って3Dプリントしてみました。
使ったマシーンはこちら「AFINIA-H800」という3Dプリンターです。
価格は350,000円ほどします。なかなか高価ですが造形は非常に簡単に誰でも使いこなせる機械です。「そんなに高いものは買えないっ!」という方、ご安心下さい!近頃はコンパクトで安価な3Dプリンターも沢山販売されているんです。そんな中の1つに”ダヴィンチ Mini w” http://jp.store.xyzprinting.com/jp_ja/catalog/printer/indexPrinterMiniW
というものがありますが、なんと価格は新品で税込み44,800円!安いっ!

大切なのは3Dデータ

という訳で誰もが3Dプリントを楽しめる時代になったわけです。データがあればね、データが。。。。ふふふ
そう3Dデータが無い3Dプリンターなんて、銀杏の入っていない茶碗蒸しのようなもの!
必ず3Dデータがあって、初めて立体を造形できるんです。でもデータを作るのは少し知識がいるので、無料のデータor格安3Dデータを使って3Dプリントしよう!という事なんです。

実際にスリスリの300円の3Dスキャンデータを使ってプリントしてみたのがこちらです。
かわいいでしょ?スケールは1/3で出力しています。サイズを自由に変更できるのも3Dプリントの魅力ですねー。
スニーカーマニアならこれでご飯2杯はいくんじゃないですかねぇ~。

今回使ったH-800の最大造形サイズは 255(W)×205(D)×205(H)mm とそこそこ大きいものも出力できます。
ただ時間は大きなものを作ろうと思うと10時間を超えたりとまだまだ発展途上なんです。これからもっと造形スピードの速い3Dプリンターが出てくることでしょう。

最近は個人作家さんがネットで作品を販売されるケースがとても増えていますが、そんな作家さんたちが3Dデータを使うことによって、より作品の幅が広がるのではないかと感じています。
みなさんも販売してほしい3Dデータがあれば、ぜひご意見お願い致します!できる範囲でお応えいたしまーす。